殺菌・抗ウイルス 銅製品のご案内

銅イオンはさまざまな菌に殺菌効果を発揮します

銅イオンの微量金属作用には、細菌類を死滅させる性質があります。これまでに数多くの実験が行われておりますが、一般社団法人 日本銅センターのWebサイトに掲載されているデータによりますと、A型インフルエンザウイルスを銅表面に接触させ経時的に感染数を測定した結果、1時間後に接種量の75%相当のウイルスが死滅し、6時間後は0.025%まで減少したという実験結果も出ております。 さらにノロウイルス(ノロ代替ウイルスのネコカリシウイルスで実験)に対する不活化にも有効と判明しております。

A型インフルエンザウイルスを銅表面に接触させ経時的に感染数を測定した結果、1時間後に接種量の75%相当のウイルスが死滅し、6時間後は0.025%まで減少しました。
さらに最近はノロウイルス(ノロ代替ウイルスのネコカリシウイルスで実験)に対する不活化にも有効と判明しています。
A型インフルエンザ(H1N1)に対する抗ウイルス試験を実施。 銅合金の表面にウイルスを接触させ、経時後の感染価を計測した結果、銅合金上のウイルスは、右記グラフの通り15分作用後に検出限界値未満まで減少しました。 銅合金がインフルエンザウイルス対する不活化に効果的であることが確認されました。
[出典]一般社団法人 日本銅センター
銅メッシュ付き抗ウイルスマスク
マスク構造

マスクの表面に極めて薄い銅メッシュを貼り付けることでマスク表面に菌やウイルスが付着しても銅の力で殺菌します。また、マスク内部にミクロンフィルターも組み込んで、マスク内部に入り込んだ菌・ウイルスもフィルターに絡めて、体内への侵入を防ぐ構造となっております。
また、マスクを着けているとマスク内部のニオイも気になってくるため、ハーブポケットも用意して、そこにハーブ等を入れたりすることで香りを楽しめる造りなっております。

銅箔アタッチメントプレート
銅製ドアノブ

北里大学がドアノブの金属素材による殺菌性能の比較についての実験結果(表参照)を発表しましたが、その実験結果によるとステンレス製では180分後もほとんど菌が残っていましたが、青銅製、黄銅製のものは180分後にはほほ殺菌され、銅がききわめて高い殺菌性を持つことが確認されました。

試験機関:一般社団法人 北里環境科学センター
試験方法:プラーク法

[出典]一般社団法人 日本銅センター

弊社では銅メッシュ付きマスクの販売のほか、ドアノブ等へ貼り付けることができる銅箔シートの貼付工事にも対応しております。コストを抑えながら、施設に殺菌・抗ウイルス対策を施したいとお考えの方はお気軽にお問い合わせください。

殺菌・抗ウイルス対策銅製品について興味をお持ちの方はお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせフォームはこちら